美容医療賠償責任共済会

トップページ •  会員ログイン •  サイト内検索 •  スペシャルリンク •  リンク集 •  《お問合せ》 •  《加入申込》 •  《クレーム報告》 •  ログアウト

書式ダウンロード WEBから加入

共済会について 共済加入の流れ 苦情相談サービス よくあるご質問
 共済会について
 最新ニュースブロック
美容医療ニュース : 細胞質のタンパク質合成制限で、細胞老化を抑制
投稿者: jamla 投稿日時: 2016/1/25 14:00:00 (768 ヒット)

横浜市立大学は1月20日、細胞質のタンパク質合成を制限することにより細胞老化を抑制するメカニズムを発見したと発表した。この研究は、同大学大学院生命ナノシステム科学研究科の博士後期課程3年の高氏裕貴氏、藤井道彦准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、Nature Publishing Group「Scientific Reports」オンライン版に1月5日付けで掲載された。
動物細胞は種々の老化ストレスに曝されると、肥大化・扁平化を伴いつつ細胞増殖を停止し、最終的に分裂能力を失う「細胞老化」と呼ばれる現象を起こすと言われている。近年、細胞老化は生物個体の老化の原因のひとつであることが明らかになりつつあり、細胞老化の抑制が個体老化の防止につながることが期待されている。さらに、老化細胞を若返らせることができれば、個体レベルでの若返りも現実味を帯びるとしている。

詳細はこちら
【QLifePro 医療ニュース】
【横浜市立大学 プレスリリース】

印刷用ページ このニュースを友達に送る
 検索

高度な検索
 新サービス開始のお知らせ
お知らせ
去る6月11日に法人第6期総会が無事終わり、新サービスが可決・承認されました
(→サービス概要はこちら)
 苦情相談コースご案内

医療過誤の有無にかかわらず相談を承ります。
(→詳細はこちら)
 麻酔による賠償責任補償
 よくあるご質問
 記事について
-事故・判例記事について-

【ご確認】
※当HPの判例、参考記事、参考文献については、インターネット・文献より抽出もしくは引用掲載しています。

・独立行政法人国民生活センター
・下級裁判所判例集
・判例タイムズ 
・判例時報
 他
Copyright (c) 2011 Japan Aesthetic Medicine Liability Association (JAMLA)