美容医療ニュース : 大手脱毛エステに一部業務停止 勧誘で誇張、返金拒否も
投稿者: jamla 投稿日時: 2016/8/24 12:48:00 (991 ヒット)

脱毛エステの会員勧誘広告の内容が誇大なうえ、解約した会員への返金を拒んで特定商取引法に違反したとして、消費者庁は24日、脱毛エステ店「エターナル・ラビリンス」を全国展開する「グロワール・ブリエ東京」(東京都港区)に対し、新規の会員勧誘や契約を25日から9カ月間禁止する業務停止命令を出した。

同社は有名タレントを起用したCMで知られる脱毛エステ店を全国で約70店舗展開している。

消費者庁は、同社がスマホ向けサイトに、月額9500円で脱毛を受けられるような広告を載せて勧誘し、実際には17万円を超えるコースなどを契約させていた、と指摘。また従業員や機器が足りないのに、「間違いなく予約が取れます」などと事実と異なる説明をしたり、中途解約した会員への返金を拒んだりしたなどの違反もあったとしている。

同社の脱毛エステについては「予約が取れない」「返金されない」などの相談が2012年度以降、全国の消費生活センターに500件以上、寄せられたという。同社は取材に対し、「担当の者から回答させる」としている。

朝日新聞デジタル 8月24日(水)19時56分配信 より

印刷用ページ このニュースを友達に送る