美容医療賠償責任共済会

トップページ •  会員ログイン •  サイト内検索 •  スペシャルリンク •  リンク集 •  《お問合せ》 •  《加入申込》 •  《クレーム報告》 •  《調査依頼》

書式ダウンロード WEBから加入

共済会について 共済加入の流れ 苦情相談サービス よくあるご質問
 共済会について
 最新ニュースブロック
美容医療ニュース : 美容医療の広告、規制検討へ 厚労省
投稿者: jamla 投稿日時: 2016/3/5 11:58:00 (689 ヒット)

脱毛や脂肪吸引などの美容医療を受けた人からトラブルの相談が増えていることを受けて、厚生労働省は今月下旬に検討会を立ち上げ、ホームページ(HP)の広告を規制対象とするかどうか、検討を始める。塩崎恭久厚労相が4日の閣議後会見で明らかにした。

医療機関の広告は医療法で規制され、記載項目は診療科名や診療時間などに限定されている。一方、利用者が自ら検索して閲覧するHPは規制の対象外となっている。

美容医療をめぐっては、事前の説明と治療後の結果が異なっていたり、安価な料金を提示して十分に考える時間を与えないまま治療を受けさせたりするなど、トラブルの報告が年々増加。内閣府消費者委員会などによると、相談件数は2011年度約1600件から、14年度約2600件になり、同委員会が厚労省に対応を求めていた。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
 検索

高度な検索
 新サービス開始のお知らせ
お知らせ
去る6月11日に法人第6期総会が無事終わり、新サービスが可決・承認されました
(→サービス概要はこちら)
 苦情相談コースご案内

医療過誤の有無にかかわらず相談を承ります。
(→詳細はこちら)
 麻酔による賠償責任補償
 よくあるご質問
 記事について
-事故・判例記事について-

【ご確認】
※当HPの判例、参考記事、参考文献については、インターネット・文献より抽出もしくは引用掲載しています。

・独立行政法人国民生活センター
・下級裁判所判例集
・判例タイムズ 
・判例時報
 他
Copyright (c) 2011 Japan Aesthetic Medicine Liability Association (JAMLA)