美容医療賠償責任共済会

トップページ •  会員ログイン •  サイト内検索 •  スペシャルリンク •  リンク集 •  《お問合せ》 •  《加入申込》 •  《クレーム報告》 •  ログアウト

書式ダウンロード WEBから加入

共済会について 共済加入の流れ 苦情相談サービス よくあるご質問
 共済会について
 最新ニュースブロック
苦情相談サービスとは?「苦情や事故が起こったら」悩まず、クレーム報告を
「苦情相談サービス」の目的は、苦情・事故の早期解決・円満解決に協力する事。事故判定された場合は弁護士費用等の諸費用は、1回の事故につき免責額に関わらず、損害賠償金とは別に上限100万円まで給付を行います。
「苦情相談サービス」のメリット
 患者と病院・医院や医師との橋渡しの役割
「苦情相談サービス」のポイント
このサービスは、患者側からの訴えが「法律上の賠償責任に関係しない場合」は元より、クレームなのか苦情なのか判別ができない場合にもご利用できます。
*医師からの報告*患者からの聞き取り*内容の照合*患者との面談・同席*解決策の提示
<病院の医療行為の説明が不十分><医療行為の結果が期待に反した><病院の顧客対応が不適切>など、様々なケースに対応。苦情の事例ごとに両当事者の主張を聞いて解決を図ることになります。
 
「苦情相談サービス」によるクレーム解決について
 最近の相談事例では、施術時事故によるクレームだけでなく、患者対応不十分による苦情や仕上り不良による苦情が増加しています。
説明不足による苦情・患者対応による苦情・仕上り不良による苦情・施術時事故によるクレーム・後遺症によるクレーム
詳しい事故・クレーム事例はこちらをご覧下さ
「苦情相談サービス」の処理スキームについて
事故処理のフロー
 クレーム(苦情もしくは事故)報告の方法について
[ 照会先 ] 一般社団法人日本美容医療責任共済会 事務局長 白井康裕
 〒160-0004 東京都新宿区四谷3丁目2-1 四谷三菱ビル6階 日本アイラック株式会社内
 TEL: 03-6380-4771  FAX: 03-6893-6500 フリーダイヤル: 0120-961-069
プリンタ用画面
前
◆共済の加入方法と掛金について
カテゴリートップ
共済会について
次
◆書式ダウンロード

 検索

高度な検索
 新サービス開始のお知らせ
お知らせ
去る6月11日に法人第6期総会が無事終わり、新サービスが可決・承認されました
(→サービス概要はこちら)
 苦情相談コースご案内

医療過誤の有無にかかわらず相談を承ります。
(→詳細はこちら)
 麻酔による賠償責任補償
 よくあるご質問
 記事について
-事故・判例記事について-

【ご確認】
※当HPの判例、参考記事、参考文献については、インターネット・文献より抽出もしくは引用掲載しています。

・独立行政法人国民生活センター
・下級裁判所判例集
・判例タイムズ 
・判例時報
 他
Copyright (c) 2011 Japan Aesthetic Medicine Liability Association (JAMLA)