美容医療賠償責任共済会

トップページ •  会員ログイン •  サイト内検索 •  スペシャルリンク •  リンク集 •  《お問合せ》 •  《加入申込》 •  《クレーム報告》 •  ログアウト

書式ダウンロード WEBから加入

共済会について 共済加入の流れ 苦情相談サービス よくあるご質問
 共済会について
 最新ニュースブロック

本共済の概要・対象について

《ご加入の対象となる契約者・被共済者について》
ご契約者は、美容医療に従事するクリニック経営医師、医療法人クリニック、医療法人病院で被共済者は医師(施設長)・常勤医・非常勤医です。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
◆施術する内容等により、掛け金はそれぞれ異なります。
 
加入方法と掛金について をご覧ください。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
対象となるのは下記の方となります。
◇一般美容医療従事医師◇美容皮膚科医・皮膚科医◇その他の美容施術をする医師・医院


《共済金をお支払する事故について》
医師・歯科医師または医師・歯科医師の指揮・監督下にある法令に定める免許・許可・資格を有している補助者が、日本国内において行なった医療行為によって、患者の身体・精神に障害を与えたことによって、被共済者である医師(常勤医・非常勤医を含む)に法律上の賠償責任が発生し、患者より損害賠償請求を提起された場合、契約者が支払わねばならない損害賠償金を共済金額の範囲内でお支払いします。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
《お支払いする共済金の種類について》
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
次のような損害賠償金や諸費用をお支払いします。
・損害賠償金 ― 被害者の治療費・入院費・慰謝料・休業補償費等
・訴訟になった場合の訴訟費用・弁護士報酬等


《お支払いする共済金の限度額と免責額について》
次の金額を限度に共済金をお支払いします。但し、免責額を差引きます。

■ 全科コース(Surgical+Non-surgical)
■ 非外科コース(Non-surgical)
・・・1事故につき200万円、1契約当り年間500万円、免責額10万円
・・・1事故につき100万円、1契約当り年間500万円、免責額10万円

各プランについては、共済の加入方法と掛金についてのページをご覧ください。


《共済金をお支払いできない主な事故について》
次のような場合、共済金のお支払いの対象から除かれます。(詳しくは約款を参照下さい)

・ 申込書記載の医療施設以外で行なわれた医療行為によって生じた事故
・ 契約者および被共済者が故意に起こした事故
・ 医療の結果を保証することによって加重された責任
・ 名誉毀損および秘密漏洩に起因して生じた事故
・ 施設の所有、使用、管理に起因する損害賠償責任
・ 被共済者の麻薬使用、酒気帯び状態においてなされた医療行為によって生じた賠償責任


《ご契約の自動継続について》
ご契約者から毎年の補償期間の終了日の1ヶ月前までに、本会あてに共済加入を継続しない旨の通知がない限り、更に1年間契約が継続します。


《加入と異動のスケジュール》
加入と異動のスケジュールについて
共済の加入申込から効力発生までのスケジュールは以下の通りとなります。
補償開始は、本会が加入を承認し、初回掛金が払い込まれた翌月の1日午前零時からです。
補償期間は、初年度については補償開始日から初めて迎える3月31日までとし、その後は毎年4月1日から翌年の3月31日までの1年間で、自動継続されます。
異動(各種変更処理)のスケジュールと手続きについて
ご加入時の情報に変更があった場合や、引落し口座を変更される場合にはお手続きが必要となります。
下記のような場合には、共済会事務局へご連絡下さい。共済会事務局より必要書類をご送付致します。
勤務施設の変更及び勤務施設の名称・住所・電話番号にご変更があった場合
被共済者の方のお名前・住所・電話番号および資格にご変更があった場合
共済掛金の振替口座情報等にご変更があった場合
1)住所変更など情報変更の場合
2)掛金の口座が変更になる場合
退会のスケジュールと手続きについて
解約して退会する場合

《苦情相談サービスについて》
トラブルが発生した場合の事故処理・苦情相談サービスについて
事故発生!!! 苦情発生!!
救急処置救急、処置に全力を尽くす。上席医や看護長等上司に連絡し、医療上の指示と応援を仰ぐ。
?正確な記録の作成?証拠物品・データ等の保存?現場の保存
共済会に連絡。クレーム発生報告フォームにて連絡
審査会にて過誤判定
当事者による交渉が不調・決裂した場合 委任弁護士による 示談 もしくは 裁判
有責は事故として処理、無責は苦情として処理
事故の場合過誤を確認、症状が固定した時点で賠償金額の査定を行なう。苦情の場合クレーム・エージェントと選任弁護士とで和解あるいは拒絶

[ 照会先 ] 一般社団法人日本美容医療責任共済会 事務局長 白井康裕
 〒160-0004 東京都新宿区四谷3丁目2-1 四谷三菱ビル6階 日本アイラック株式会社内
 TEL: 03-6380-4771  FAX: 03-6893-6500 フリーダイヤル: 0120-961-069
プリンタ用画面
前
◆共済の主旨と組織について
カテゴリートップ
共済会について
次
◆共済の加入方法と掛金について

 検索

高度な検索
 新サービス開始のお知らせ
お知らせ
去る6月11日に法人第6期総会が無事終わり、新サービスが可決・承認されました
(→サービス概要はこちら)
 苦情相談コースご案内

医療過誤の有無にかかわらず相談を承ります。
(→詳細はこちら)
 麻酔による賠償責任補償
 よくあるご質問
 記事について
-事故・判例記事について-

【ご確認】
※当HPの判例、参考記事、参考文献については、インターネット・文献より抽出もしくは引用掲載しています。

・独立行政法人国民生活センター
・下級裁判所判例集
・判例タイムズ 
・判例時報
 他
Copyright (c) 2011 Japan Aesthetic Medicine Liability Association (JAMLA)