本共済の概要・対象について
《ご加入の対象となる契約者・被共済者について》
ご契約者は、美容医療に従事するクリニック経営医師、医療法人クリニック、医療法人病院で被共済者は医師(施設長)・常勤医・非常勤医です。
◆施術する内容等により、掛け金はそれぞれ異なります。
加入方法と掛金について をご覧ください。
対象となるのは下記の方となります。
◇一般美容医療従事医師◇美容皮膚科医・皮膚科医◇その他の美容施術をする医師・医院
《共済金をお支払する事故について》
医師・歯科医師または医師・歯科医師の指揮・監督下にある法令に定める免許・許可・資格を有している補助者が、日本国内において行なった医療行為によって、患者の身体・精神に障害を与えたことによって、被共済者である医師(常勤医・非常勤医を含む)に法律上の賠償責任が発生し、患者より損害賠償請求を提起された場合、契約者が支払わねばならない損害賠償金を共済金額の範囲内でお支払いします。
《お支払いする共済金の種類について》
次のような損害賠償金や諸費用をお支払いします。
・損害賠償金 ― 被害者の治療費・入院費・慰謝料・休業補償費等
・訴訟になった場合の訴訟費用・弁護士報酬等
《お支払いする共済金の限度額と免責額について》

次の金額を限度に共済金をお支払いします。但し、免責額を差引きます。


■ 全科コース(Surgical+Non-surgical)  ・・・1事故につき200万円、1契約当り年間500万円、免責額10万円
■ 非外科コース(Non-surgical)        ・・・1事故につき100万円、1契約当り年間500万円、免責額10万円

各プランについては、共済の加入方法と掛金についてのページをご覧ください。
《共済金をお支払いできない主な事故について》

次のような場合、共済金のお支払いの対象から除かれます。(詳しくは約款を参照下さい)


・ 申込書記載の医療施設以外で行なわれた医療行為によって生じた事故
・ 契約者および被共済者が故意に起こした事故
・ 医療の結果を保証することによって加重された責任
・ 名誉毀損および秘密漏洩に起因して生じた事故
・ 施設の所有、使用、管理に起因する損害賠償責任
・ 被共済者の麻薬使用、酒気帯び状態においてなされた医療行為によって生じた賠償責任
《ご契約の自動継続について》

ご契約者から毎年の補償期間の終了日の1ヶ月前までに、本会あてに共済加入を継続しない旨の通知がない限り、更に1年間契約が継続します。

《加入と異動のスケジュール》
《苦情相談サービスについて》
プリンタ用画面
前
新サービス開始のお知らせ
カテゴリートップ
共済会について
次
◆共済の加入方法と掛金について