美容医療賠償責任共済会

トップページ •  会員ログイン •  サイト内検索 •  スペシャルリンク •  リンク集 •  《お問合せ》 •  《加入申込》 •  《クレーム報告》 •  ログアウト

書式ダウンロード WEBから加入

共済会について 共済加入の流れ 苦情相談サービス よくあるご質問
 共済会について
 最新ニュースブロック
美容医療のトラブルや苦情、クレームに対応

苦情相談サービスコースのご案内

医療過誤の有無に関わりなく提供する相談サービスコースのご提供について
 
【サービス概要】

医療者に過誤過失がなく、患者の主観による苦情・言い掛かりを受けたケースを苦情として処理手配するためのサービスですが、医療過誤の有無にかかわらずご相談をお受けいたします。
原則的にはメール・電話での対応とさせて頂きます。
共済会の構成員としては準会員と位置づけ出資金の預け入れは不要です。サービス料金は1年あたり16,000円です。

【注意点】
※賠償請求に対応する補償は提供いたしません。
※弁護士費用等の争訟費用は自己負担となります。
※金銭による解決となった場合は全額医療者負担となります。

最近のクレーム・事故事例について
最近の相談事例では、施術時事故によるクレームだけでなく、患者対応不十分による苦情や仕上り不良による苦情が増加しています。
有責か無責かの境界線上にあたる複合的な要素を持つトラブルや、安易に苦情なのかクレームなのかを判断することができない事例が多く、金銭の授受では解決できない事もあります。
施術の手法から見ると、特にレーザー治療や光治療などによる熱傷等、医療マシンを使った施術に関わるトラブルが多くみられます。
有責と無責
説明不足による苦情
(患 者) 医師の施術前の説明が不十分で、施術の結果がまさかこのような状態になるとは予測できなかった。
(医 者) 十分に時間をかけて施術の内容や予測される結果とリスクを説明したし、患者の疑問点にも十分に答えたつもりである。患者の要望に沿って施術を行ったのであるから、結果についてクレームされる覚えはない。
(共済会) 医院と患者間のやり取りでは両者の主張に隔たりがあったため、医院から書面でクレーム報告を受取り審査会を開催し審議した結果、本件は医療過誤の範疇ではなく、またインフォームド・コンセントも十分行われていると判断し、以後、クレーム・エージェントに対応を依頼、クレーム・エージェントが患者に説明し理解を得て本件は円満に解決した。
結果に対する苦情
(患 者) 希望する施術を執り行ってもらったが、結果として期待したような効果が得られなかった。
(医 者) 患者が期待した「外貌」にならなかったと言われても、施術は術前に患者に説明した通りに行った。患者の期待・好みは主観的な要素が強く、施術の手落ちとは言えない。
(共済会) クレーム報告を受取り、審査会を開催し審議した結果、本件は医療過誤ではなく、患者の主観的な苦情であると判断し、以後クレーム・エージェントが対応した。患者側はなお執拗に医療過誤を主張し告訴するとまで言い出したため、共済会も顧問弁護士の意見を求め、それを基に再度医院側で患者と話し合った結果、患者は折れ、最終的に円満に解決した。
施術ミスから和解に至ったケース
(患 者) 毛穴改善のためのレーザー治療を行ったところ、施術ミスのため耳に火傷を負った。病院のミスであることは明らかであるので、施術費用と後遺障害慰謝料として2百数十万円の損害賠償を代理弁護士を通して要求したい。
(医 者) 患者側が弁護士を立ててきたことから、病院側も弁護士を立てて対応した。その後、両弁護士が交渉の結果、日弁連の慰謝料基準に準拠して50万円を患者に支払うことで和解した。
(共済会) 審査会を開き、本件は医療過誤であると判断し、両弁護士の和解の結果を踏まえ、最終賠償額50万円と弁護士費用を支払い終了した。
施術ミスから告訴されたケース
(患 者) 毛鼻骨骨切り術・埋没重瞼術の施術を受けたところ、眼瞼の痛み・発疹、鼻のくぼみ等の後遺障害が残った為、損害賠償として800万円を要求するため地方裁判所に提訴した。
(医 者) 共済会へ報告し対応の指示を待った。
(共済会) 審査会を開き審議した結果、本件は医師の過誤とは認められないと判断し、病院も弁護士を立て裁判にて争うよう指示した。その後、裁判所の判決が言渡され、原告の請求は棄却された。そのため、病院側の負担は依頼した弁護士費用のみとなり、共済会から補償限度額の範囲で病院へ共済金を給付し終了した。

苦情相談サービスのみをご希望の方はこちら

プリンタ用画面
カテゴリートップ
共済会について
次
新サービス開始のお知らせ

 検索

高度な検索
 新サービス開始のお知らせ
お知らせ
去る6月11日に法人第6期総会が無事終わり、新サービスが可決・承認されました
(→サービス概要はこちら)
 苦情相談コースご案内

医療過誤の有無にかかわらず相談を承ります。
(→詳細はこちら)
 麻酔による賠償責任補償
 よくあるご質問
 記事について
-事故・判例記事について-

【ご確認】
※当HPの判例、参考記事、参考文献については、インターネット・文献より抽出もしくは引用掲載しています。

・独立行政法人国民生活センター
・下級裁判所判例集
・判例タイムズ 
・判例時報
 他
Copyright (c) 2011 Japan Aesthetic Medicine Liability Association (JAMLA)