【当会の補償制度は、美容医療に携わるクリニックや医師のセーフティネットです】

最近急増する美容医療や美容整形の事故。
原因の多くは「施術前の説明不足」といわれますが、入念に説明をしても誤解や事故が発生するケースもあるのです。
刻々と進化する美容業界。
起こる事故も多様化し、国内の「医師賠償責任保険」では、填補されません。
さらに美容事故や外科手術における損害賠償や示談金は決して少額ではなく、原因特定に費やす時間と労力によって疲弊してしまう医師やスタッフも少なくありません。

もし事故やトラブルが起こったら。
そんな時のため、当会では患者様と会員のお医者様の間に立ち、補償や交渉・クレームに対処するためのサービスをご用意しております。

毎日特定の患者様が電話をかけてくる・・・
医療過誤なのかそうでないのか分からない・・・
ネットに書き込みされてしまった・・・
いきなり内容証明が届いた・・・
患者様から返金要求があった・・・

今や、美容医療が不必要と考えられていた時代はすでに過去のものとなり、抗加齢医療の一環として社会的に必要不可欠な医療の一つとして認知される状態になりました。
今や美容医療は、社会通念である保険保障制度を前提として成り立つ必要があります。

当会では、診療する医療機関のインフォームドコンセントを含む情報提供の方法や技量向上のアドバイス、および患者側の際限のない要求などへの対処方法を提示し、毎月、弁護士・医師・クレームエージェント・実務スタッフで審査会および査定委員会を開き、寄せられた加入医療機関からの相談や補償請求につき迅速に問題の解決を諮っています。


美容医療補償制度は医師の賠償資力証明書です

1.医療過誤と判定されたら

医療過誤と判定されたら。こんな時は迅速に審査・賠償します。

2.医療過誤か患者の思い込みか判然としない

そんな時は「事故・苦情相談サービス」をご利用下さい。 美容医療に関わる医師や弁護士を中心に審査会を開き、公正な判断をいたします。

3.医療過誤ではないが紛糾したら

苦情として、クレームエージェントと共に、第三者的な公正な立場においてアドバイスいたします。

苦情も事故も、私たちが全力でサポートいたします

当会は、美容医療に携わる医師自らが立ち上げ、多様なリスクに対応するべく、美容医療を熟知した医師や弁護士による審査会を形成し運営しております。
皆さまの立場に立ったサポート体制をご用意し、有事の際には「苦情処理サービス」「適切な事故対応」で皆さまが安心して仕事に打ち込めるようお手伝いさせていただきます。

■協会保険制度・苦情処理対応スキーム


>> パンフレットはこちら
>> お問合せ・資料請求はこちら
>> 加入お申し込みはこちら
>> 事故・クレーム報告はこちら
>> 各種書式のダウンロードはこちら