美容医療ニュース : 「脂肪吸引で痛み」「二重まぶた腫れ」美容医療トラブルで男性の相談、年400件
投稿者: jamla 投稿日時: 2019/3/20 9:38:16 (263 ヒット)

 整形手術や脱毛などの「美容医療」を巡り、施術を受けた男性がトラブルを訴えるケースが多発している。国民生活センターには年間400件前後の相談が寄せられるほか、医師に損害賠償を求める訴訟も起きた。消費者庁は、専門機関に相談することなどを呼びかけているが、ためらう男性は多いとみられ、専門家は「男性が話せる窓口の拡充が必要」と指摘する。

 国民生活センターによると、美容医療に関する相談件数は、2017年度は1878件。ピークだった14年度の2501件より減ったものの、毎年2000件前後にのぼっており、高止まりが続く。このうち、男性からの相談は、17年度は20%の382件。過去10年間で見ても、年間約400件前後にのぼる。

 相談内容は、「脂肪吸引の手術を受け、痛みが残った」「二重まぶたに整形したが、腫れがひかない」など。症状などの改善のために、更なる手術を求められたケースもあり、女性と同様に様々なトラブルが起きているという。

 医師らでつくる「日本美容外科学会」(JSAS、東京)によると、ホームページなどで「男性歓迎」をPRしたり、専用待合室を設けたりする美容医院も増えてきている。特に都市部で目立つという。

(読売新聞の医療・健康・介護サイト ヨミドクターより転載)

印刷用ページ このニュースを友達に送る